ハクビシン駆除後は油断しないこと~適切な対策をしておく~

ハクビシンを駆除する場合は許可が必要となる ハクビシンを駆除する場合は許可が必要となる

果実を守れ!ハクビシンを寄せ付けない方法を実施しよう

ハクビシンは果物が好きなため、庭木に果物が実ったら早めに収穫するなどの努力が必要です。ここではハクビシンを寄せ付けないための対策法を紹介しています。

ハクビシン駆除後も予防策をすることが大事

果実を食べやすい環境にしない
ハクビシンなどの野生動物は、食料を求めてあちこち移動をしています。その際に餌がない場所には特に興味を示しませんが、果物が落ちている場所などには、強い興味を示すのです。ですから家の庭に果物が落ちていたら、ちゃんと片付けるようにしましょう。
庭木に登れないようにする
ハクビシンが木登りをして、屋根裏へ移動をすることがあります。もし庭木の枝が伸びすぎて、屋根裏まで届くようであれば、枝を切るようにしましょう。そうすることで、屋根裏から侵入させないようにすることができます。
空き缶やお菓子は要注意!
ハクビシンは甘党です。そのため、人が飲み終わったジュースの缶にも寄り付いてきます。ですから家の外に、缶などがあればすぐに処分するようにしましょう。缶ばかり入ったゴミも、外に放置しないように注意してください。
寝床を作らせない
家の周りに、雑草が生えている場合は、草刈りをしてスッキリさせましょう。理由としては、ハクビシンがそこを寝床にすることがあるからです。他にも、ハクビシンが家に侵入してこないように、穴を塞ぐようにしましょう。

果実を守るために自分でもできるハクビシン駆除

ハクビシン

ハクビシン駆除は、自分で行なうことができます。ハクビシン駆除で良く使用されている、忌避剤というものを使えば、ハクビシンを追い払えることでしょう。この忌避剤は、ハクビシンが苦手な臭いを発生させるものなので、特に人体に悪影響を与えるようなことはありません。ハクビシン用の忌避剤として使える臭いは、ニンニクや石油系の臭いです。これらの臭いがする場所には、不快感を覚えるため近づいてきません。またハクビシンが住宅に侵入した際にも、この忌避剤が役に立ちます。

TOPボタン