ハクビシン駆除で使えるアイテム~電気柵が効果抜群~

ハクビシンを駆除する場合は許可が必要となる ハクビシンを駆除する場合は許可が必要となる

ハクビシン駆除に効果抜群の電気柵~習性を利用した対策~

ハクビシン駆除をする時には、電気柵が非常に使えます。自身の畑に、ハクビシンを侵入させたくないという人は、電気柵の設置を検討しましょう。

電気柵のメリットを紹介

電気柵に登らせて感電させる(30代/男性)

ハクビシンは、高いところにある果物を取ろうとし、木を登ります。この習性を利用して、電気柵に触らせるのです。電気柵には忌避性がありません。ですから、ぱっと見で危険なものかどうかというのは、ハクビシン自身が直接触れるまで知ることができないのです。そのため、ハクビシンは電気柵を登ろうとして確実に感電してしまいます。ハクビシンは学習能力があるため、一度感電したらそのことを忘れることはありません。

ハクビシンは穴を掘って侵入してくることはありません(40代/女性)

ハクビシン対策では、電気柵がかなり使えます。その理由としては、ハクビシンの習性が挙げられるでしょう。まず、ハクビシンは何でもよじ登るという習性があります。ですから、電気柵が設置されていれば、確実に触れてしまうのです。感電した経験がないハクビシンが感電すると、あまりの衝撃に驚いて逃げていきます。恐らく、感電した場所には二度と近づくことはないでしょう。他にもハクビシンは、穴を掘る習性がありません。つまり、目の前に障害物があれば、壊すか登っていきます。そのため、ハクビシンの習性上、電気柵に触る可能性が高くなります。

効果的な電気柵の設置の仕方

ジャンプ力が高く、木登りの得意なハクビシンからすると、高いだけの柵はただの障害物でしかありません。ですから、ハクビシンの侵入を食い止めるには、力不足だといえるでしょう。業者であれば、ハクビシン駆除をする際に電気柵を設置します。効果的な電気柵の設置方法は、ポールとポールの間隔は、大体4メートル間隔です。そこに電気が通ったワイヤーを張れば駆除効果が高い電気柵の完成になります。この電気柵を、果樹園の周りを囲うように設置していくのです。

TOPボタン