ハクビシン駆除するなら、まずは生態を知ることから始める

ハクビシンを駆除する場合は許可が必要となる ハクビシンを駆除する場合は許可が必要となる

果実を荒らすハクビシンの生態を把握する

男性

野菜や果物を育てている人は、ハクビシンが厄介な存在であることを認識しておきましょう。もし畑が荒らされてしまったら、最初にハクビシンの可能性を考えると良いです。

ハクビシンの生態について

夜行性
ハクビシンは夜行性の動物です。夜行性なので、日中は寝ていることが多く、外で見かけることもまずありません。しかし夜中になれば、行動が活発になり餌を求め移動します。もし、屋根裏にハクビシンが侵入している場合は、ドタバタと走り回る音がうるさ過ぎて、中々寝れないこともあるのです。厄介なのが、人が起きていない時間から動き回ることです。寝ている間は、ハクビシンが家の中を徘徊したとしても簡単に気づくことができません。このことによって、朝起きたら食べ物が荒らされているということもあるのです。
運動能力が高い
ハクビシンは運動能力が高く、木登りなども得意です。ジャンプ力は、垂直ジャンプで1メートルにまで達するといわれています。ハクビシンの指は5本あり、他の動物と比べると多いです。この、5本指のおかげで、壁や木の上までよじ登ることが得意なのです。物をしっかりと掴むことができるので、手先も器用という特徴も持っています。当然走る速度は人よりも早いので、手で捕まえるということはそうそうできるものではありません。
雑食
ハクビシンはなしやぶどう、イチゴなどの果物を好み食べます。その果物の中でも、特に甘いものを好むのです。このことが理由で、果樹園が被害を受けることも少なくありません。またハクビシンは雑食性なので、果物以外にも野菜や家畜も食べてしまいます。つまり、野菜や果物、家畜を育てている家庭は、ハクビシンの被害を受けやすいということになるのです。もし野菜や果物などを育てているのであれば、ハクビシンに警戒しておくと良いでしょう。ハクビシンによる被害はいつどのタイミングで発生するか、予測することはできません。

農家の被害を少なくするなら

野菜を育てている農家の人は、ハクビシンに気をつけましょう。もしハクビシンを目撃したら、急いでハクビシン駆除をすると良いです。

TOPボタン